※当サイトには広告が含まれています

ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!

こんにちは、散花月です。

さて、今回は前に購入したロジクール製品のマウスとキーボードについての話題となります。
というのも私が持っているのは以下の2点。
・MX Keys S
・MX AnyWhere 2S

ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!ロジクール MX KEYS S ワイヤレス キーボード KX800sGR Bluetooth Logi Bolt Unifying非対応 Smart Actions 対応 Windows Mac Chrome Android FLOW Easy-Switch 無線 薄型 ワイヤレスキーボード 充電式 KX800s グラファイト 国内正規品
ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!

 

【Amazon.co.jp限定】ロジクール マウス ワイヤレス MX ANYWHERE 2S MX1600CR Bluetooth Unifying 無線 ワイヤレスマウス windows mac 充電式 USBは同梱されています MX1600 グラファイト
ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!

 

実はこちらの2つ、共通点として「BlueTooth接続」が可能となっており、
もちろんロジクールお馴染みのUSBレシーバーでも接続もできます。
なのでひとまずキーボードはUSBレシーバー(LogiBolt)で接続しておいてマウスはBlueTooth接続へ変更。
その結果、ちょっとだけマウスのレスポンスが悪いぐらいでひとまずFlowのPC間移動機能など含めて特に問題なく運用していました。
Logicool Flow とは何ですか?
↑Flowについては上記をご参照くださいませ。

ただ、実は最近になってAnyWhere2をちょっとUSBレシーバー(UNIFYING)側で繋いでみたところ劇的にレスポンスが改善!
Flowによる切り替えもほぼ遅延なく瞬時に切り替わるようになりました。
さらにLogiBoltは近づないと不具合が起こりがちだったんですがUNIFYINGだとちょっと離れていてもほぼ問題なし!
なので今はメインPCの後ろとノートPCに接続するドッキングステーションへそれぞれ取り付けて運用しています。
ロジクール製のキーボードとマウスはFlowを使う場合、USBレシーバーの方がおすすめです!

…にしても、マウスとキーボード共通でBlueTooth接続での使用はちょっと選びにくいですね(^_^;)
結局遅延対策を考えてしまうとどうしても有線かUSBレシーバーの方が安定している事実は変えられませんので。
BlueTooth自体の現バージョンは5.3となっていますが、今後さらに接続が安定&遅延が少なく距離も長めのバージョンが出てほしいなと切に願っております。

それでは失礼いたしますm(_ _)m


スポンサーリンク

Yahoo!ショッピング

Amazon.co.jp

ほぼ裸で持ち歩けるバンパーケース「Arc Pulse」iPhoneシリーズにて好評販売中!!
装着したレビューはこちらをどうぞ!

メルカリで販売中のArc Pulseをチェック!

気に入った記事はシェアよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください