※当サイトには広告が含まれています

夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

こんにちは、散花月です!

6月2日~4日にかけて夜行高速バス「コトバスエクスプレス(KOTOBUS EXPRESS)」で三重県は市民公園前の近鉄四日市駅停留所から
高知県は高知駅北側バスターミナル6番乗り場を往復しました!
以下、乗車記です。

三重⇒徳島⇒高知編(往路)

6月2日 19:30ごろ~23:40ごろまで

高知県へ出発する2日の金曜日、遍路への重い気持ちを抱えながら(笑)いざ出発です!
と、その前に晩御飯。津駅近くの宝津飯店で炒飯大盛りです。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑相変わらずのボリュームで大満足♪

その後今日はちょっと涼しかったのか家の猫が膝に乗ってきたので少しまったり。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

で、23時前となりいざ出発!
今回乗るバス「コトバスエクスプレス」は近鉄四日市駅近くのバス乗り場から出発します。
なので行き先は名古屋でも桑名でもなく…四日市!
23時1分の特急に乗り四日市駅へ。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

で、約20分後に到着です!いや~、しかし津から近ければ近いほど移動が楽になるので
ありがたいです(^_^;) でもまあ、帰りにどえらい目にあってしまうんですけどね orz
また下のほうで記載します。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
駅到着後はサックス教室へ行く方面に少し歩いて、アピタ前のバス乗り場に到着です!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑よく見たら、コトバスエクスプレスってウィラーのバスだったんですね。…トイレ、あるかな?(^_^;)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑周辺の様子。夜のアピタ前は思った以上に綺麗でした。普段は昼間しか来てませんからねw
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑出発時刻は23時40分です。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

さて、乗り場の時刻表をよくよく確認してみるとビックリしたことが一つ。
高知へ行くバスなんですがこれから乗るバスとは別でなんと乗り換えて行く必要があるそうです。
今までの夜行バスは全て同じバスで目的地へ行っていたんですが、今回のように乗り換えて行くケースは初めてです。
でもまあ、一応ネットで確認したところ両方ともトイレはあるとのことだったのでそちらは一安心ですかね(^_^;)
ともあれ…しばらく待った後バスが到着!
…が、それは四国行きではなく東京行きのバスでした(^_^;)
それが出発した後すぐに今回乗るバスが到着!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
早速乗車。席なんですが、乗車時に初めて分かるタイプで今回は6Cでした。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑実際の席。車内含めて思った以上に綺麗だったのには驚きました。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑仕切りカーテンもあり。何となくイメージとしてはオリーブ松山号に近いですね。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

乗車してしばらくした23時45分ごろ四国に向けて出発です!

6月2日 23:40ごろ~6月3日 00:30ごろまで

とりあえずゆっくりしていたのですが、少し経って運転手さんから車内設備と目的地のアナウンスが。
休憩は1回。トイレもきちんとあります♪
コンセントなんですが各席には無し。…が、中央トイレ近くにコンセントタップがあるのでそちらが利用できるとのこと。
後はWIFIがFREEで使用できました。
さらに朝の5時40分ごろにコトバスステーション鳴門インターで高知行きの高速バスへ乗り換えるとのことです。
あ、ちなみにこのまま同じバスに乗っていれば徳島を経由して香川県へ向かうそうで。
ちょっと良いな~と思ったのは停車する場所に宇多津駅があったことですかねw
私の場合うどん巡りをする時は丸亀か宇多津を基点にするのでこれは良い情報を得ました(笑)
今後は讃岐エクスプレス名古屋(愛知出発)、オリーブ松山号(三重出発)と並んで候補に入れたいと思います(^_^)v

その後の休憩ポイント到着までは消灯も無くのんびりした時間が過ぎていきました。
私もモンハンやりながらまったりです♪

6月3日 00:30ごろ~01:00ごろまで

翌日の3日土曜日となってしばらくした深夜0時30分ごろ、土山サービスエリアに到着!

夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

こちらでドーンと30分間の休憩タイムです。
…30分って他のバスでは中々お目にかかれない時間ですw
何となくそんなに休憩取らなくても良いからさっさと行けと思うのですが…やはり乗り換えの都合上
しょうがないことなんでしょうね(^_^;)

ともかく、30分の間に歯磨きとか色々と済ませてバスへと戻ります。

6月3日 01:00ごろ~05:40ごろまで

土山SAを出発した後は消灯して就寝タイム。
まあ、寝れませんよねw
何とか寝るフリをしながら時間を過ごし、やっとこさ5時40分となりました。
相変わらず遍路をする前から結構疲れております(苦笑)

6月3日 05:40ごろ~06:10ごろまで

寝れずにしんどかった時間を経て3日の朝5時40分ごろ、徳島県はコトバスステーション鳴門インターに到着!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
こちらで高知行きのバスへと乗り換えです。荷物なんですが、運転手さんが対象のバスへ運んでくれるのでこちらでは特に
何もしなくてもOKでした。

さてさて、乗り換えた後のバス外観を撮影して
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
いざ中へ!

夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑こちらも席についての事前通知はなし。乗車時に伝えられた席は1Aでした。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑実際に乗って見ると、普通の3席夜行バスと同じ構成でした。

Post from RICOH THETA. #theta360 – Spherical Image – RICOH THETA

6月3日 06:10ごろ~08:10ごろまで

しばらく待った後6時10分ごろとなり高知へ向けて出発!
出てすぐに車内設備等と目的地のアナウンスです。
乗車時間は約2時間で休憩は無しとのこと。
1A席の前に数量限定のタオルケットがあり、自由に使用可。
そんなとこですね。

で、グッタリしながら(笑)バスで時間を潰して2時間後の8時10分ごろ
高知駅へ到着しました!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

以上、三重⇒高知の乗車記でした!
まさかの乗り換えでちょっとビックリしましたがいざやってみると新鮮な体験でした(^_^)

それではハードな高知県の遍路を経た後の帰り分乗車記です!

高知⇒徳島⇒三重編(復路)

6月3日 20:10ごろ~21:18ごろまで

遍路によってボロボロのボロッカスにされた状態でバスを待ちます(笑)
というよりも右足が余りにも痛すぎて動かすこともできず。
動かさなくても痛い状況の中高知駅でバスを待ち、20時10分ごろ帰りのバスが到着!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
早速乗車。席は2Aでした。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑360度写真は行きと同じだったので撮影はしませんでした。というか足が痛すぎて他のことを考えれず(-_-;)

乗車した後のアナウンスを聞くと休憩が1回あるとのこと。それは良いんですが何せ動かない足を動かすのが非常に辛いので
休憩地点を撮影するのも一苦労しそうです(-_-;)

ともかく右足を労わりながら休憩ポイントへ。

6月3日 21:18ごろ~22:30ごろまで

21時20分ごろ、吉野川サービスエリアで休憩です。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
…はい、もう右足の痛さを必死で堪えながら撮影しましたw
いや~、これ本当に右足が不自由な人の気持ちが分かるような気がします(^_^;)
笑い事ではないんですけどねw

6月3日 22:30ごろ~23:30ごろまで

休憩ポイントを出発して約1時間後、22時30分ごろにコトバスステーション鳴門インターへと戻って来ました!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
ここで名古屋へ行くバスを待ちます。到着は22時50分ごろとのこと。
その間は周辺を散策できたのでちょっと外へ出てブラブラです。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑コトバス待合所の隣にローソンがあるのでそちらで飲料を購入しておきます。

そして50分となり、名古屋行きのバスが到着!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
早速乗り込み、車内を確認。とりあえず行きと構成は同じでしたw
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
↑行きの際に撮り忘れたコンセントのタップ。こんな感じでトイレの横に配置されてました。

夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

6月3日 23:30ごろ~6月4日 02:20ごろまで

23時30分に名古屋…もとい、私が降車する近鉄四日市駅までバスが出発!
その後15分ぐらいして消灯です。
もちろん、寝ようと思い頑張ろうとしましたが…無理ですね(X_X;)
ちょっと落ち着いてきたと思っていた右足の痛みが再発してえらいことになってました orz
どんな姿勢でも右足が痛くてしょうがない状態なので痛みに耐えながら休憩ポイントを待ちます。

6月4日 02:20ごろ~02:40ごろまで

翌日の4日日曜日の午前2時20分ごろ、土山サービスエリアに到着。
20分の休憩です。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)

何とか右足を引きずってバスと風景だけ撮影しましたw
いや~、本当にこんな目に遭うとは思いませんでした(^_^;)
今まで無茶してもここまで大変な状態にならなかったのが仇になりました(汗)
まあともかく、曲げれない足を必死で動かしてバスへ。

6月4日 02:40ごろ~05:32ごろ~帰宅まで

痛い足を我慢しつつ、疲労もMAXだったのでウトウトしていた中で午前5時30分ごろやっとこさ
四日市に到着です!
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
バスを降りようと思いよいしょっと右足を曲げた瞬間物凄い激痛が(T_T;)
泣きたくなる気持ちを抑えてとりあえずアピタ前から駅まで行き、
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
急行で津へと戻り何とか帰宅しました。
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
夜行高速バス乗車記 三重⇔高知編(コトバスエクスプレス 高知・徳島三好BS⇔名古屋・四日市)
その後は翌日の記事をご確認くださいませm(_ _)m
帰宅後すぐにお風呂へ入ったのが良かったのか少しづつ足が動かせるようになりました(^。^;)

以上、三重⇔高知の乗車記でした!
感想ですが、乗り換えというシステムを初めて体験しましたが私にはちょっと危ないシステムだな~と思いましたw
何せ乗り換えのアナウンスを聞き逃していたらそのまま香川まで連れてかれそうだったので(笑)
まあ、宇多津まで行ったらそれはそれで割り切っちゃってうどん巡りしちゃうんでしょうけどね(^_^;)

それではまた次回の乗車記も宜しくお願い致します!


スポンサーリンク

ほぼ裸で持ち歩けるバンパーケース「Arc Pulse」iPhoneシリーズにて好評販売中!!
装着したレビューはこちらをどうぞ!

メルカリで販売中のArc Pulseをチェック!

Arc Pulse iPhone15シリーズ リンク集(押すと展開します)

マットブラック
・公式サイト:
日本
海外( 無印 / Plus / Pro / ProMax )

・販売サイト:
シリーズ共通:
MyCase  エムスコール( 無印/Pro Plus/ProMax ) 楽天市場
無印/Plus:
Amazon( 無印 / Plus )
Pro/ProMax:
Amazon( Pro / ProMax )

ミラーシルバー
・公式サイト:
日本
海外( 無印 / Plus / Pro / ProMax )

・販売サイト:
シリーズ共通:
MyCase エムスコール( 無印/Pro Plus/ProMax ) 楽天市場
無印/Plus:
Amazon( 無印 / Plus )
Pro/ProMax:
Amazon( Pro / ProMax )

チタングレー
・公式サイト:
日本
海外( Pro / ProMax )

・販売サイト:
MyCase エムスコール( ProProMax ) 楽天市場
Amazon( Pro / ProMax )

ディープブルー
・公式サイト:
日本
海外( Pro / ProMax )

・販売サイト:
MyCase エムスコール( Pro / ProMax ) 楽天市場
Amazon( Pro / ProMax )

ミラーゴールド
・公式サイト:
日本
海外( Pro / ProMax )

・販売サイト:
MyCase エムスコール( Pro / ProMax ) 楽天市場
Amazon( Pro / ProMax )

※Amazonについて、リンク先が別の色になっていたり他商品へ飛ばされている場合は「品切れ」となっている可能性が高いです。

中古iPhoneセール 5の付く日は「中古の日」
リコレ!ソフマップの中古通販サイト リコレ!ソフマップの中古通販サイト

リコレならAppleのメーカー保証付き「認定整備済製品」も購入可能!
「メーカー認定整備済製品」の検索結果
icon

※このブログを書いている人の自己紹介はこちらから。

気に入った記事はシェアよろしくお願いしますm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください